SDI 特撮部

特撮ヒーローの絵や文。今はドライブ沼に沈んでます…
絵はクリックすると大きくなります。

椿隆之

椿隆之
*椿隆之

仮面ライダーブレイド、剣崎一真こと椿隆之さんです。ケントボードに鉛筆、水彩色鉛筆、透明水彩を使用しました。
(ケント紙に水彩ってどうよ(;^_^ A )
実はこれ、ブレイドの最終回を見せてくれたお友達のかおるさんに、お礼に差し上げたイラストなのです。お礼なのに相変わらず似てない絵でゴメンナサイ!
しかも!かおるさんったら私のこんな絵に素敵な文章をつけてくれたのです〜
「剣崎が去ったあとの相川始の慟哭と誓い‥‥」まさに壮絶な始の思いを聞くようです。
2次創作に抵抗の無い方は是非是非ご覧になって下さいね!!

永遠の友に




剣崎。

俺とお前は戦い合うことでしか分かり合えない。
そう思っていた。

戦えばお前にも分かると思っていた。
カリスであり、相川始である前から
俺がどうしようもなく、ジョーカーであることが。

お前も分かると思っていた。
決して統制者から逃れられないジョーカーの宿命が。
あの母娘を、人々を、全て滅ぼすことになる。
俺が生き残れば。

だから分かって欲しかった。
お前が何をしなければならないのか‥‥。


なのに‥‥。

お前ひとり、全てを背負って行ってしまった。

もう一人のジョーカーとなって‥‥。



剣崎。

お前は今どうしている。
あいつらは何度かこの店に来てくれたが、
俺は未だ、まっすぐに、あいつらを見ることができない。

お前は今どうしている。
きっとこれが幸せだと、やっと俺にも分かるようになったのに。

鼓動と共に藻色の血を駆けめぐらせて、
お前は今どこにどうしている?

俺だけがこうして、
彼女たちの笑顔を浴びている、
この時に‥‥。



日々が過ぎるにつれて
お前が俺に与えてくれたものの重さが解ってくる。
お前が失ったものの重さが滲みてくる。

だから俺は、その重さにかけて、
お前との誓いを守る。

決して戦わない、永遠のバトル・ファイト。

二度と会えないお前のその笑顔を、
いつまでもこの心に焼き付けておこう。

その身に異形を宿し、全てを守ったお前の、
限りなく優しい、その笑顔を‥‥。



Words by Kaoru in Oz's Leaves
<< 8時の男! | main | Noah's Trumps 〜哀しみの終わる場所〜 Act.1 >>









blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Mobile
qrcode
>> Links

>> Search this site


>> Archives

このページの先頭へ